NEWS

アイスコーヒーの作り方【抽出】

氷を使ったアイスコーヒーの作り方

●氷160g
●粉量20g(細挽き)
●お湯160g(温度は浅煎りほど高く、深煎りほど低く)

サーバーにあらかじめ氷160g入れ、冷やしておきます。ホットのときより細かく挽いた豆を20gドリッパーにセット(ホット同様、ペーパーフィルターは必ず湯通ししましょう)
粉全体になじむように30g程度のお湯で20秒〜30秒程度蒸らします(豆の状態や焙煎後何日進んでるか、浅煎りか深煎りかで変わってきますのでホットのときと考え方は同じでいいです)
つぎに、蒸らしを含めた湯量160gを目指し、数回に分けて注ぎます。これもホットのときと同様に、ドリッパー内を行き来するイメージです。
抽出時間は1分半〜40秒ほど。
落とし切りましたら、ドリッパーを取り、スプーンでサーバーを攪拌しましょう。
氷を使った急冷式なので、
ホットと比較し、

◎氷が溶けるぶんを想定した抽出
◎挽き目は細かく
◎粉量を増やす
◎湯量を減らす

がポイントになります。

上記のレシピですと、出来上がりがおよそ210〜220gになります。
溶け残った氷はそのままにグラスに注いでもいいのですが、新しい氷を使用したほうがステキですね。

薄くなったり、濃く出すぎないよう、うまく氷の量の調整をおこなっていただけたらと思います。