NEWS

微粉【抽出】

微粉は雑味の原因と言われていますが、
混入率の度合いが味の形成に関係します。
私自身の体験だけで言いますと、浅煎りほど顕著にあらわれる、微粉はできるだけ除去してあげるほうがいい、と考えます。より一層クリーンになり、当通販のケニアなんかがとても相性がよい印象です。
反対に深煎りですと、微粉を除去せずに、微粉込みでの抽出メソッドの構築をしています。当通販にもあるタンザニアの場合は微粉除去するとなんか少しペラペラな印象、クリーンになりますが、深煎り特有のコクやボディ感まで弱くなります。
微粉はもちろん過抽出、雑味の原因になりうると認識していますが、微粉のキャラクターを焙煎度合いによってうまく活用し、抽出を考えていきたいです。
電動ミルの場合、豆を挽いた際に粉受けの内側に静電気で微粉やチャフが付着します。クルーヴの使用がオススメですが、清潔なハケやスプーンなどで少しでも除去してあげるとクリーンさが増し、酸や甘みがより感じやすくなります。
粒度を揃えるというより微粉を取ってあげるという使い方もできるクルーヴは自由度が高いのでぜひ手にして欲しい道具です。