original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

BRAZIL Fazenda Rancho Sao Benedito Natural 100g

¥800 税込

送料についてはこちら

国名/ブラジル 標高/1200m 地域/Carmo de Minas 農園/Rancho Sao Benedito 生産者/Mariana de Carvalho Juniqeira 品種/Yellow Bourbon 精製/Natural 焙煎/浅煎り ナッツのような香りに、アプリコットやアップルパイのような甘さが広がり、焼き菓子のニュアンスも。 ブラジルのナチュラルらしく、やさしさを兼ね備えた風味バランス。 アイスコーヒーにしてもオススメです。 Flavor: Apricot Apple pie Berries Nuts Sweet -------------------------------------------------------------------- 1954年、マリアナ・デ・カルバーリョ・ジュンケイラが両親からこの土地を相続し、コーヒー栽培への愛情を遺されたのです。栽培面積を拡大し、収穫後のコーヒーの加工に必要な設備にも投資しました。ランチョ・サオ・ベネディートの周囲には、他の家族の土地もあります。母親と4人の子供たちの家族グループが一緒になって最高品質のコーヒーを栽培しています。 土地が増え、コーヒーが植えられている場所も増えてきました。水やエネルギーの使用量を減らし、より持続可能なプロセスを実現するため、プロセスは共有スペースを使用しています。選抜された苗木は、土壌を保護するために地形の等高線に沿って植えられます。ランチョ・サオ・ベネディートは、マリアナの息子の一人であるマルシオ・ヘレノ・デ・カルヴァーリョ・ジュンケイラが管理しており、彼は他の農園の責任者でもあります。彼は常に高品質を求め、地域の農業専門家から栽培に関する技術的な指導を受けています。コーヒー栽培のほか、マンガリッツァ・マルカドールという馬の飼育も行っています。 従業員は20人で、収穫期にはその数倍になります。敷地は市街地に面しており、従業員は自分の家を持っています。医療も受けられ、公立の学校やレクリエーションエリアも利用できます。また、従業員は必要に応じて個人専用の護具を使用しています。 品質の追求は、苗木や品種の選定から始まります。コーヒーの品質に投資するランチョ・サオ・ベネディートは、ウォッシャー、パルパー、吊り下げ式コンクリート乾燥パティオ、ナチュラルコーヒー用の垂直乾燥機、回転乾燥機、パルプドナ チュラルコーヒー用の特別サイロを備えています。収穫されたコーヒーチェリーは加工センターに運ばれ、選別されます。次に、チェリーはパティオと吊り下げ式パティオに運ばれ、天日で乾燥されます。水分量が11.5%になるまで非常にゆっくりと乾燥させます。水分値が16%以下になったら、毎晩カバーを掛けて温度を保てるようにします。