MEXICO Guadalupe Zaju 浅煎り〈100g〉
5e92ba9c9df16364bcba906b 5e92ba9c9df16364bcba906b 5e92ba9c9df16364bcba906b 5e92ba9c9df16364bcba906b

MEXICO Guadalupe Zaju 浅煎り〈100g〉

¥750 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件

送料についてはこちら

MEXICO Finca Guadalupe Zaju H1 Natural 国名/メキシコ 標高/1550m 地域/チアパス州パヴェンクル グアダルーペ・ザフ農園 品種/H1 精製/Natural 生産者/エドゥアルド・エステべ氏 焙煎/Light Roast 浅煎り ラベンダーのようなフローラルな香り、ピーチのような甘さと酸が伴うフレイバー、白ワインのような繊細な風味が素晴らしく、 冷めるほどあらわれるクリーミーさもユニークです。 アイスコーヒーにしても◎ Flavor: Lavender Peach Plum White wine Creamy mouthfeel Sweetness _____ グアダルーペ・ザフ農園やチャンフル農園の位置するグアテマラとの国境パヴェンクルにほど近い森林地域は、古くよりコーヒー生産の名産地として知られ、19世紀末ごろから本格的にコーヒー生産が開始され、中でもソコヌスコ地域はメキシコの農産業を支える名産地として知られるようになりました。一方で人里離れたこの地域は、政府を中心とした農業支援が必須なエリアでもあり、特に1980年後半~90年初め、2000年代初頭の相場の暴落はこの地域に暮らす小規模生産農家に大きな打撃を与え、持続可能な農産業の育成や労働・生活環境の向上が大きなテーマになってきました。  こうした市場の動きは、出稼ぎを中心とする農業離れや労働環境の悪化を呼び、品質の低下によって名産地としての評判も下降したと言います。グアダルーペ・ザフ農園もそうした農園の1つで、豊かな自然環境を残し、土壌や気候条件に恵まれながらも継続が難しい農園の1つでした。1945年からドイツ出身のハンスさんと彼の妻であるグアダルーペさんによって営まれてきた農園で、その名は妻グアダルーペと近隣を流れる小川であるザフ川からグアダプーペ・ザフ農園と名付けられ、彼らが引退すると息子のフアン・ルーチェ氏が農園を継いでいました。しかし、2000年初頭のコーヒー相場の下落によって2003年に経営が困難となりエドゥアルド氏が新たなオーナーとなり農園を存続させる事となりました。フアン氏自身は、その後も農園の責任者として今なお農園の管理に従事し、アドゥアルド氏と二人三脚で農園の再興に情熱を注いでいます。 エドゥアルド氏は、150年に亘ってコーヒーやココアなどの輸出業をしてきた会社に生まれ育ち、幼いころからカッピングルームの掃除や事務を手伝いながら育ってきました。コーヒーの栽培には直接関わった経験はありませんでしたが、自身が扱うコーヒー産業がこのままでは危ないと、2000年の相場暴落を目の当たりにして感じたそうです。そうした中でグアダルーペ・ザフ農園のフアン氏と出会い偉大な農園を再び蘇らせようと着手したのがこのグアダルーペ・ザフ農園です。  その後、エドゥアルド氏は私財を投じ、森林の維持をしながら生産品種の植替えや最新のピニャレンセ社のエコパルパーの導入、シェードツリーを活用した土壌に負荷のかからない農法への挑戦など多岐に渡って様々な取り組みを行ってきました。また、より高品質なコーヒーの生産を目指し、専門家を招き入れ生産処理方法や乾燥方法、フレーバーに優れた品種の生産など、品質向上による付加価値を高める挑戦を始めました。 エドゥアルド氏が目指すのは、真の持続可能な農園づくりだと言います。それは、品質や収穫量による収益の向上だけでなく、この地の豊かな自然環境を守る事であり、周辺に暮らす人々、そのコミュニティの生活基盤を整える事を指しています。土地に暮らす人々にとって、ここは故郷であり、伝統と文化が息づく土地だと言う事。コーヒー生産もそうした暮らしの一部だと言う事を忘れずに、持続可能な農園の実現に情熱を傾けます。 付加価値の高い高品質なコーヒー生産を通じて、伝統のある農園の復興に動いたエドゥアルド・エステベ氏。コーヒー生産の経験がなかった彼は、その生産ノウハウを学ぶべく招いた専門家チームが、当時コロンビア国内に留まらず、ブラジルやコスタリカで高付加価値なコーヒー生産をおこなっていたコロンビア サンチュアリオ農園のカミーロ氏でした。彼は2010年から世界中の素晴らしいコーヒーをマーケットに供給したいとメンバーとプロジェクトを始め、コロンビアのインマクラーダを始め、ブラジルのイルマス・ペレイラ農園のNew Flavors Projectなどのアドバイザーを務めていました。そして、2017年に本格的にSantuario Projectを発足。グアダルーペ・ザフ農園などメキシコのコーヒーにも注力し、コロンビア、ブラジル、コスタリカ、メキシコの4か国でパートナーたちとユニークで最高のコーヒーを作ろうと動きました。    今回のH1品種もこのProjectを通じて植えた品種で、サルチモールT5296(ティモールハイブリッドとビジャサルチの交配種)とスーダンルメによるF1交配品種です。耐病性や収量が良好で、植え付けから収穫までの期間は他の品種よりも短く、優れた風味特性を持つ品種として、2010年にCICAD、PROMECAFE、CATIEによって研究・作成された品種です。中米を中心に近年生産が行われ、セントロアメリカーノ種とも呼ばれています。